障害年金レスキューくまもとトップ画像

1.障害年金は公的年金の1つです。

1.公的年金の種類

 先ず、年金の制度と種類は大きく3つに区分されます。

 各制度それぞれに老齢年金、遺族年金、障害年金3つの種類があります。

 老後の生活を支える年金が「老齢年金」、

 一家の生計の中心者であった方がお亡くなりになった場合に

 遺族に支給される年金が「遺族年金」です。

 しかし障害年金は「どうも、よくわからない。」とお考えの方が多くおられます。

 確かに障害年金請求手続きは傷病により異なり繁雑かつ、

 手間がかかり面倒なことも多々あります。

 また、規則等の改正も多く時間がかかる場合があります。

 

 「障害年金」とは、現役世代の方を含め病気や傷病が原因で身体や精神に障害が

 発生し、仕事や日常生活の安定が損なわれる場合に支給される年金のことです。 

 障害年金には肢体や眼、耳といった身体の障害、癌や糖尿病等の病気、

 精神的な病気等で長期療養が必要な場合、

 また、生まれつき障害のある方も支給の対象となります。

制度 適用 年金の種類
国民年金 日本国内に居住する20歳以上60歳未満の全ての人

①老齢基礎年金

②遺族基礎年金

③障害基礎年金

厚生年金

厚生年金保険の適用を受ける会社等に努める人

老齢厚生年金

遺族厚生年金

⑥障害厚生年金

共済年金

公務員、私立学校教職員等

退職共済年金

遺族共済年金

⑨障害共済年金

平成27101日から被用者年金の一元化に基づき、

初診日が平成27101以降にある傷病に関する

共済障害年金は第2号~第4号の名称となります。

2.障害年金はどんなときに支給される?

障害年金は国民年金、厚生年金、共済年金の全てに備わる公的年金の一つです。

 

病気や傷病が原因で身体や精神に障害が発生し、仕事や日常生活の安定が損なわれる場合に支給される年金です。

3.障害年金の種類と等級について

①制度と障害年金区分について

制度 1級 2級 3級 障害手当金
国民年金

 

障害基礎年金

 

障害基礎年金

 

厚生年金

障害基礎年金

障害厚生年金

障害基礎年金

障害厚生年金

 

障害厚生年金

障害手当金

共済年金

障害基礎年金

障害共済年金

障害基礎年金

障害共済年金

 

障害共済年金

障害一時金

②年金制度と加入者について

国民年金

自営業者・パートやアルバイト・学生

配偶者の扶養となっている主婦・主夫

 厚生年金

 

会社勤務の方で厚生年金保険加入者

 

共済年金

 

公務員・私立学校教職員などの共済組合加入者

 

その他①

国民年金未加入の20歳前の方で国民健康保険料を

納付していなくても、障害基礎年金の対象者となります。

その他②

20歳前において、厚生年金保険・共済組合加入者は

それぞれ障害年金の対象者となります。