障害年金レスキューくまもとトップ画像

 

ご自身では非常に大変な第三者証明も豊富な経験で

あんしんにバックアップします!

第三者証明(初診日)について

1)第三者とは

 民法上の3親等以内の親族に該当しない者

2)証明内容

 ア 初診のころの医療機関の受診状況

   初診日を特定できないが、受診を証明できる受診状況の証明があった場合、

   その証明を持って請求者の申し立てた初診日を認めることはできないが、

   初診日を総合的に判断する際にの資料として取扱う。

 

 イ 直接見て知った事項を記載

   通院等の付添・お見舞い・病院発行の文書等を見た・医療担当者等

 

 ウ 請求者やその家族から5年以上前に聞いて知った事項

   5年以内に知った内容であっても、初診日に関し参考となる他の資料が

   併せて提出され、それが請求者の申し立ての初診日が正しいと合理的に

   推定される場合

3)第三者証明として必要な数

 ア 原則:複数

 

 イ 医療機関の受診にいたる経緯や医療機関におけるやりとりなどが

   具体的に示されており、相当程度信憑性が高いと認められる場合:一人でも可

4)第三者証明と併せて提出する参考資料

 診療券・入院記録等

 初診日頃に請求者が受診した医療機関の担当医師、看護師その他

 医療機関従事者による第三者証明の場合は、他の参考資料がなくてもよい。