障害年金レスキューくまもとトップ画像

ブログはじめました。

本日よりブログを開始します。よくあるお問い合わせをメインにしながら障害年金請求手続きに役立つ情報を発信していきます。

 

初回の今日は障害年金請求になぜ迅速さが求められるのかについて書いてみます。

弊所では迅速な対応のお約束をモットーにしています!

なぜならば…

障害年金の請求方法には認定日請求事後重症請求の二通りがあります。

1)障害認定日請求とは、

傷病に係る初めて受診した日から1年6ヶ月後の傷病の状態について、

障害認定基準に基づき認定を求めるものです。

2)事後重症請求とは、

傷病の現在の状態について障害認定基準に基づき認定を求めるものです。

 

さらに1)の認定日請求は以下の二通りの請求方法があります。

①傷病に係る初めて受診した日から1年6ヶ月後の傷病状態の診断書により請求する場合

 

②請求が認定日より1年以上経過している場合は、

 更に現在の傷病の状態の診断書が必要となり計2枚の診断書が必要となる場合

 例えば、初診日から1年6ヶ月後に障害認定日請求する場合は、その当時の診断書を

 もって認定を求めます。しかし、認定まで障害厚生年金の場合ですと

 4ヶ月~5ヶ月かかりますので、1年6ヶ月で請求した場合にくらべて、

 支給が4ヶ月遅れることとなります。

 

事後重症請求は障害認定日においては症状が軽く認定基準に該当しないが、

その後症状が重くなった場合の請求となり、この場合、請求月の翌月からの支給と

なるため、請求が遅れた場合は支給月が遅れ支給額が少なくなることとなります。

上記のことから、障害年金は努めて早く請求を行うことが大切となります。

 

弊所は、障害年金手続に関する経験、最新の法改正等や豊富な知識により速やかな請求を行なうことをお約束します。