障害年金レスキューくまもとトップ画像

お問い合わせ13:障害基礎年金の子の加算と児童扶養手当との支給調整について

Q:夫とは平成25年1月に結婚しましたが、3か月後に夫は交通事故で障害厚生年金1

級を受給することとなりました。妻の私は児童扶養手当を受給しようと思っています

が、夫は障害基礎年金1級を受給できるので、子の加算が支給されると聞きましたが、

両方とも支給されるのでしょうか?

 

A:児童扶養手当は、子の両親の一方が児童扶養手当法施行令で定める障害状態(障害

等級1級)の状態である時に、配偶者に支給されます。

障害年金の子の加算は、あなたの夫は障害厚生年金1級ですので、障害基礎年金が

併給されるため、子の加算の支給を受けることができます。

平成23年4月以降、同一の子を対象とした障害基礎年金の子の加算と児童扶養手当を受けることができる場合は、どちらか一方のみの選択となっていましたが、このような場合、平成26年12月分からは一律に障害基礎年金の子の加算を優先して支給し、その上で子の加算額が児童扶養手当の額を下回る場合は、その差額分の児童扶養手当が支給されることになりました。