障害年金レスキューくまもとトップ画像

お問い合わせ14:障害の程度の変更について

Q:現在、障害厚生年金を受給していますが、障害が重くなったり軽くなったりすると

どのような手続きが必要となりますか?

 

A:障害が重くなった場合は、その旨の申し立てにより、年金額が変更されることにな

ります。年金額の改定の請求ができる日は次の通りです。

①年金を受ける権利が発生した日から1年を経過した日

②障害の程度の審査を受けた日から1年を経過した日

また、平成26年4月1日から例えば、人工臓器の装着等、明らかに障害の程度が

増進した場合等は、1年未満であっても額改定請求ができるようになりました。

障害の程度が軽くなったときは、障害年金額が減額されますが、年金額の変更は、現況届の診断書で自動的に行われます。