障害年金レスキューくまもとトップ画像

障害認定基準例(眼)の場合のページを掲載しました。

障害等級認定基準例(眼)は具体的認定基準例を示します。)

 

障害程度

障 害 状 態

1

両眼の視力(矯正)の和が0.04以下のもの

 

 

 

2

両眼の視力(矯正)の和が0.050.08以下のもの

身体機能の障害が2級相当以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるは又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

→ 1 両眼の視野が5度以内(Ⅰ/2視標)

2 次のいずれにも該当する場合(H2561日から)

(1) 両眼の視野が10度以内(Ⅰ/4視標)

(2) 中心10度以内の8方向の残存視野のそれぞれの角度の合計

56度以下(Ⅰ/2視標)

3

両眼の視力が、0.1以下に減じたもの

 

障 害

手当金

両眼の視力が、0.6以下に減じたもの

一眼の視力が、0.1以下に減じたもの

両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

両眼の調節機能及び軸轃機能に著しい障害を残すもの

身体機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度のもの(H2561日から)